投稿日:2023年8月27日

屋上防水ってなぜ必要?気になる劣化のサインとは

こんにちは。
株式会社関⻄STは大阪府守口市を拠点とし、豊中市・箕面市からもご依頼を頂戴しております。
⼤阪府豊中市や守口市、箕面市で戸建て住宅・アパート・マンション・店舗など幅広い現場に携わってきた実績がございますので、安心してお問い合わせください。
今回は、防水工事のタイミングや劣化のサインについて解説します。

防水工事のタイミング?劣化のサインについて

壁紙劣化
防水工事によって施工された防水層の耐用年数は、工法にもよりますが、一般的に「10年程度」といわれています。
しかし、施工箇所や気候によって劣化のスピードは異なります。
建物を守るためにも劣化のサインは見逃さないようにしましょう!

ヒビ・割れ・裂けがある

防水層や防水シートにヒビなどがあると、その部分から雨水が浸入します。

表面に浮き・波打ち・膨れがある

シート防水の場合、表面がきれいでも「浮き・波打ち」がある場合にはシートが弱くなっている可能性があります。
また、塗布されている防水層も「膨れ」が見られると、下地との間に隙間や水分が入り込んでいる可能性があります。

表面が傷ついている

目で見てわかる「傷・欠け」は、内部まで届いている可能性が高いです。

植物が生えている

植物の根は、アスファルトやコンクリートを突き破るほど強力です。
表面に溜まった土ではなく、コンクリートなどの下地から植物が生えている場合は、防水層の修繕も必要と考えられるでしょう。

排水不良が起きている

排水設備が目詰まりなどを起こして、水たまりができている場合があります。
常に水に晒されている部分は劣化も早いため、まずは排水設備を修繕してから防水層をチェックしてみましょう。
防水層のこまめな点検は、建物を守るだけでなく、大きな修繕工事を避けるためにも大切です。
ご紹介した「劣化のサイン」をしっかり把握しておきましょう!

各種ご用命を承ります

ヘルメット
株式会社関⻄STでは、⽊造解体、⽔回りリフォーム、リフォーム⼯事のご依頼を承ります。
劣化のサインが見られれば防水工事のタイミングです。
各種ご用命はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【求人】新規スタッフを募集

株式会社関⻄STでは現在、総合建築業における新規スタッフを募集中です。
劣化のサインを把握していれば、お客様に的確なアドバイスができます。
⼤阪府豊中市や守口市、箕面市で求職中の方は採用情報ページよりご連絡・ご応募ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

お問い合わせ

水回りリフォーム工事や水漏れは株式会社関西ST|大阪府守口市など近畿対応
株式会社関西ST
〒570-0002 大阪府守口市佐太中町6-51-9-302
TEL:090-5170-4599
[営業電話お断り]


関連記事

大阪府全域の解体工事・外壁塗装は株式会社関西STにお任せ!

大阪府全域の解体工事・外壁塗装は株式会社…

株式会社関西STは、大阪府守口市を拠点に大阪府全域で「解体工事」「外壁塗装」を行なっています。 経験 …

関西STが解説!外壁塗装の劣化のサイン

関西STが解説!外壁塗装の劣化のサイン

株式会社関西STは、大阪府内全域にて外壁塗装工事などを手がけている企業です。 貴重な建物を長持ちさせ …

大阪府内 某工場 塗装工事

大阪府内 某工場 塗装工事

大阪府内の某工場にて行なった塗装工事をご紹介します。 大阪府内 某工場 塗装工事 実績豊富な業者です …

お問い合わせ  業務案内